コミック発売日ねっと|『真夜中のこじか』のレビュー

コミック発売日ねっと
新米医バンビ先生の奮闘!小児科医療を問う
真夜中のこじか
【著者】 北原 雅紀、 あおき てつお  (ビッグ コミックス)
【内容】 人情系医療もの

ドラマ化狙ってませんか?

師匠:今回のテーマは『真夜中のこじか』(北原雅紀・あおきてつお)だ。

弟子:タイトルからはわかりにくいですが、医療ものですよね。

師匠:小児科病院を舞台とした医療漫画で、新米女医の朝比奈伴美が理想と現実の間で成長していくんだ。

弟子:まさに王道。

師匠:優秀な若先生、オネエ系ベテラン、イヤミな先輩、人の良いおばさん婦長などなど、人物配置にも隙がない。

弟子:本気で公共放送のワンクール狙ってるんじゃ……。

師匠:作画(あおきてつお)もクセがなく万人向け。誰でも安心して読める人情漫画は、さすがビッグコミック系と言える。

がんばれバンビちゃん!

師匠:バンビちゃんは尊敬する院長先生が経営する小児科病院に勤めることになる。理想に燃える彼女だが、いきなり厳しい現実に直面する。

弟子:バンビちゃん?

師匠:主人公の名前が、朝比奈伴美(ともみ→バンビ)なんだ。

弟子:…、まあ覚えやすくて良いです。

師匠:小児科は人手不足で休みなしの激務。次から次へと緊急の患児が運ばれてきて完全にオーバーワーク状態。それでもみんなわが身を削って治療を続ける。

弟子:医療ものではよくあるパターンですね。

師匠:でも、ここからがスゴイ。中心スタッフがつぶやくんだ。「この病院で働き続ければ医者が病で倒れるか、もしくは、医者が患児を殺すことになる…」

弟子:!!今にミスをやっちゃうと、そういうことですか?

師匠:ついでに言うと、そのスタッフはそのまま病院をやめちゃう。その後も登場する重要人物だけど。んで、さらに院長先生が倒れて、経営がピンチに…。

弟子:えっ、それで続きはどうなるんすか?

師匠:それは読んでのお楽しみ。ただ、扱っている内容は相当ヘビーだが、バンビちゃんの明るく前向きな姿勢に周囲が少しずつ変化していくので読んでいて辛くはない。バンビちゃん童顔だし。

弟子:あっ、お医者さんということは、6年大学行って、研修受けて、結構な歳…

師匠:キュートだから良いの!

ときどき死にます。

弟子:医療漫画ということは患児が死んじゃうこともあるんですよね。

師匠:死なない少年漫画もあったが、本作品ではときどきある。作中でオネエ系ベテラン先生が、「私が診察した患児で亡くなったのはこれで7人目…」と告白している。

弟子:微妙な数字ですね。

師匠:小児科医にとって患児の死亡は日常ではない、けれど避けて通れるものでもない、そういう設定なのだと思う。だから患児が亡くなるシーンは余計に悲しい。

弟子:なるほど。

師匠:ある回では、重い病気の女の子が登場する。その子はわがままも言わず、淡々と毎日をすごすんだ。

弟子:人生達観しちゃったんですね。ただ死を待つだけだと。

師匠:そう、そこでバンビちゃんは、女の子ためにわがままノートを作ってあげるんだ。なんでも自分のしたいことを書いても良い、と。バンビちゃんたちはできるだけその願いをかなえようと努力する。そうするうちに女の子も生きる気力がわいてきて…。

弟子:奇跡的に治ったんですか?

師匠:いや、やっぱり死んでしまった。

弟子:!!

師匠:「言う通り、奇跡はおきませんでしたね」と落ち込むバンビちゃんに患児の両親が声をかけるんだ。「ここに来てよかった…。まるで奇跡のような3ヶ月でした」と。

弟子:そんな…、涙腺が決壊しそうです。

師匠:泣くのはまだ早い。女の子がわがままノートに書いた最後のお願いは何だったのか、それをコミックでしっかり確認してほしい。

弟子:(号泣)

(2013/06/09 担当F)

このサイトについて
本サイトは無料でご利用になれます。画像及びタイトルはアマゾン商品ページへジャンプします。
ホーム
利用規約
購入方法
コミック
本日の予定
今週の表紙
長期予定表(通常版)
予定表(軽装版)
毎月いつ頃?
おすすめレビュー
アニメDVD
DVD予定表(通常版)
DVD予定表(軽装版)
お知らせ
10/24 電子書籍を除外するようにしました。あまりに重複が多いので…。